1. TOP
  2. 楽しんだ車を高く売る

楽しんだ車を高く売る

さて、しばらく楽しんだ「すごい」車たち。

一度くらいは車検を通しても良いですが、何度も通すにはもう古い車も多いと思います。

そこで、3,4年乗って次の車検の半年くらい前には売り払い、次の車に乗り換えていきましょう。

この乗換の時のポイントは、

1.車検を半年以上残して売りましょう

2.自分でジモティ、オークションに出しましょう

3.きちんとメンテナンスをして、その記録を残しておく

4.車は安く買っても、その後のおつきあいはディーラーさんとするようにして、その車のことをある程度ディーラーさんに聞いておきましょう。

この4つです。

1.車検を半年以上残して売りましょう

これについては、ヤフーオークションのフィルタに、「車検が半年以上残っている」というものがあります。

ある程度安く乗りたい人は、車検が残っている車を求めるものです。

少しでも多くの人に、車を購入する対象としてもらうためにも、車検を半年以上残して売って下さい。

私自身が車を選ぶときにも、やはり購入してからできるだけお金がかからないものを選びたいと思います。

そのためにも、出来る限り車検が残っているもの、とくに半年以上残っている車を選ぶようにしたいのです。

やはり、ヤフーオークションで車を購入しようと考えている人は、私のように少しでもお金を節約し、良いクルマを手に入れたいと思っている人が多いです。

そんな私のような人たちにうまくアプローチしていきましょう。

2.自分でジモティ、オークションに出しましょう

基本的に、この「すごい」車に安く乗りたいと考えるあなたなら、きっと、次の車も同じように安く、ヤフーオークションで買いたいと考えていると思います。

ですから、売る時にディーラーで下取りに出す、などということはしないと思いますが、一応念を押しておきます。

ディーラーで下取りに出すのはやめましょう!!

買取店で車を売ることもやめてください。

そして、人の手に頼らず、ご自身でヤフーオークションとジモティーを使って売りに出して下さい。

そうすることによって、下取りや買取店にお願いするよりも、だいたい5万円~10万円くらいは高く売れると思って下さい。

もし、あなたがじっくりと車を選んで購入していさえすれば、3年程度しか乗っていなければ、ほとんど購入したのと同じ金額か、もしかするとそれ以上の金額で販売できる可能性があります。

高く販売するためのコツとしては、

3.きちんとメンテナンスをして、その記録を残しておく

きちんとメンテナンスをしておくことはとても大切です。

次に買う人は、必ずメンテナンスの記録を確認します。

あなたが購入するときも記録簿等を確認して購入しているはずですから、きちんとした記録簿と、メンテナンスの記録があるはずなので、それにさらにあなたが乗っている間にきちんとしたメンテナンスをしてあげましょう。

ただ、例外もあります。

きちんとメンテナンスをされている車を選ぶことで、それなりに故障のリスク等は減らすことは出来ますが、古い車です。大きな故障が起きることもあります。

私自身も、仕事でも使いたいと思って購入したメルセデスのVクラスについては、1年半ほどで、エンジンやミッション関係のトラブルが起きてしまい、手放しました。

ちゃんと乗り続けようとすると、修理に30万円くらいはかかると言われてのことです。

たまたま、その時、燃費や車体の大きさも考えて仕事で使うには軽自動車のほうが良いかな、と思い始めていたときだったので、下手に修理することよりも、軽自動車のバンを10万円程度で購入し、Vクラスはそのまま処分することを選びました。

私の場合は、30万円程度でしたから、もしちゃんと乗り続けたければ、直して乗るという選択肢もあったかもしれません。

しかし、まかり間違うと、その故障を修理するのに100万円単位のお金が必要になることもあるでしょう。

そんな時は、メンテナンスはあえてせずに、そのままの状態で安く売り払ってしまいましょう。

私がここでご紹介しているような車は、ある程度欲しい人にとっては価値のある車でもあると思います。

それらの車を例えば10万円~15万円ならば、部品取り用にほしいという人もいるでしょうし、その故障を気にせずに、安い車だということで乗り潰すから、と購入してくれる人もいるかもしれません。

安く買ってますから、そういう場合の損はそこまで大きくはならないはずです。

また、売ってしまい、名義変更や処分を完了すれば、残りの分の税金は返ってきます。

返ってくる分の税金だけでも、数万円にはなるでしょうから。バカにはなりません。

Vクラスを処分したときも、もともと本体と諸費用をかんがえると600万円からの車です。新車でてその車を買ったのであれば、あまりにも惜しい話ですが、その時は約40万円で購入しましたが、仕事でガンガン使わせてもらって、それなりのお金は稼いでもらっているので、ありがたく処分させてもらいました。逆に手荒に使ってしまっていたので、相当ぶつけたり、中も壊してしまったところもあるので、売りたくても売りにくかったということもあります。もう少し丁寧に使っていれば、きっとまた販売していたことと思います。

そんな高いクルマを営業でぶつけなら使っても、そこまで気にならないのも、こんな車の購入の仕方が出来ていたからだと思っています。

このように、高くても40万円、安ければ20万円程度までで買えてしまう、これらの車ですから、逆に1年半くらい乗れたのであれば、ありがたく感謝して、故障があっても安く販売してしまいましょう。

話を元に戻しますが、とにかくきちんとメンテナンスをして、その上で販売することで必ず、メンテナンス以上のプラスが出ます。

きちんとメンテナンスしていれば、やはり購入したときと同じか、それ以上に高く売ることが出来る可能性も高いでしょう。

そして、さらに高く売るために、

4.車は安く買っても、その後のおつきあいはディーラーさんとするようにして、その車のことをある程度ディーラーさんに聞いておきましょう。

こうすることで、最終的に売る時に高く売ることが出来ます。

ディーラーさんときちんとお付き合いしておくことで、何かあるときにはそこのメーカーの代車を出してもらったりすることが出来ると、高級車の知識が増え、さらに次の乗り換えに役立ちます。

ジャガーのときは、販売店がローバーも一緒だったので、ちょっとした修理のときや車検の時など、ジャガーの様々な車に乗らせていただいたり、ローバーの代車も出してもらったりして、それらの車に実際に何日も乗って、ああ、この手の車はこんな感じなんだな、と試乗ができて、そのメーカーの車を知るのにすごく役立ちました。

また、この知識が、次に販売する時にも購入する時にも、いろいろと情報として役立つのです。

たとえば、代車として出してもらった、ジャガーのXタイプですが、これは僕にとっては、いい車とは感じられませんでした。

Sタイプと比べて、シートの作りもかなり悪く、車の上品な感じも無く、エンジンの回っている感じも気持ちよくありませんでした。

同じメーカーのものなのに、新車価格が150~200万円くらい違うと、これだけ違うんだ、ということを再認識させられましたし、そのことで、やはりレンジとしてはミドルクラス程度を狙うほうがやはり、全てにおいて良いのではないか、と思ったものです。

実は、ベンツのCクラスに乗っても、それを感じました。

一番下のクラスも、ベンツの場合は、道具として割り切って使うのであれば、ものすごく実用的な道具ですが、あくまでも実用的なのです。

乗り心地や雰囲気を求めるのならば、やはりEクラス以上だな、そこでも認識しました。

また、レンジローバー・イヴォークや、ジャガーのXF、XE等も代車で出してもらい、新しいクルマの良さ等も認識できました。

ということで、ぜひとも安く買っても、メンテナンスはきちんとディーラーを使ってみて、いいおつきあいをしてみて下さい。

必ず後々、役立つことでしょう。

さて、しばらく楽しんだ「すごい」車たち。

一度くらいは車検を通しても良いですが、何度も通すにはもう古い車も多いと思います。

そこで、3,4年乗って次の車検の半年くらい前には売り払い、次の車に乗り換えていきましょう。

この乗換の時のポイントは、

1.車検を半年以上残して売りましょう

2.自分でジモティ、オークションに出しましょう

3.きちんとメンテナンスをして、その記録を残しておく

4.車は安く買っても、その後のおつきあいはディーラーさんとするようにして、その車のことをある程度ディーラーさんに聞いておきましょう。

この4つです。

1.車検を半年以上残して売りましょう

これについては、ヤフーオークションのフィルタに、「車検が半年以上残っている」というものがあります。

ある程度安く乗りたい人は、車検が残っている車を求めるものです。

少しでも多くの人に、車を購入する対象としてもらうためにも、車検を半年以上残して売って下さい。

私自身が車を選ぶときにも、やはり購入してからできるだけお金がかからないものを選びたいと思います。

そのためにも、出来る限り車検が残っているもの、とくに半年以上残っている車を選ぶようにしたいのです。

やはり、ヤフーオークションで車を購入しようと考えている人は、私のように少しでもお金を節約し、良いクルマを手に入れたいと思っている人が多いです。

そんな私のような人たちにうまくアプローチしていきましょう。

2.自分でジモティ、オークションに出しましょう

基本的に、この「すごい」車に安く乗りたいと考えるあなたなら、きっと、次の車も同じように安く、ヤフーオークションで買いたいと考えていると思います。

ですから、売る時にディーラーで下取りに出す、などということはしないと思いますが、一応念を押しておきます。

ディーラーで下取りに出すのはやめましょう!!

買取店で車を売ることもやめてください。

そして、人の手に頼らず、ご自身でヤフーオークションとジモティーを使って売りに出して下さい。

そうすることによって、下取りや買取店にお願いするよりも、だいたい5万円~10万円くらいは高く売れると思って下さい。

もし、あなたがじっくりと車を選んで購入していさえすれば、3年程度しか乗っていなければ、ほとんど購入したのと同じ金額か、もしかするとそれ以上の金額で販売できる可能性があります。

高く販売するためのコツとしては、

3.きちんとメンテナンスをして、その記録を残しておく

きちんとメンテナンスをしておくことはとても大切です。

次に買う人は、必ずメンテナンスの記録を確認します。

あなたが購入するときも記録簿等を確認して購入しているはずですから、きちんとした記録簿と、メンテナンスの記録があるはずなので、それにさらにあなたが乗っている間にきちんとしたメンテナンスをしてあげましょう。

ただ、例外もあります。

きちんとメンテナンスをされている車を選ぶことで、それなりに故障のリスク等は減らすことは出来ますが、古い車です。大きな故障が起きることもあります。

私自身も、仕事でも使いたいと思って購入したメルセデスのVクラスについては、1年半ほどで、エンジンやミッション関係のトラブルが起きてしまい、手放しました。

ちゃんと乗り続けようとすると、修理に30万円くらいはかかると言われてのことです。

たまたま、その時、燃費や車体の大きさも考えて仕事で使うには軽自動車のほうが良いかな、と思い始めていたときだったので、下手に修理することよりも、軽自動車のバンを10万円程度で購入し、Vクラスはそのまま処分することを選びました。

私の場合は、30万円程度でしたから、もしちゃんと乗り続けたければ、直して乗るという選択肢もあったかもしれません。

しかし、まかり間違うと、その故障を修理するのに100万円単位のお金が必要になることもあるでしょう。

そんな時は、メンテナンスはあえてせずに、そのままの状態で安く売り払ってしまいましょう。

私がここでご紹介しているような車は、ある程度欲しい人にとっては価値のある車でもあると思います。

それらの車を例えば10万円~15万円ならば、部品取り用にほしいという人もいるでしょうし、その故障を気にせずに、安い車だということで乗り潰すから、と購入してくれる人もいるかもしれません。

安く買ってますから、そういう場合の損はそこまで大きくはならないはずです。

また、売ってしまい、名義変更や処分を完了すれば、残りの分の税金は返ってきます。

返ってくる分の税金だけでも、数万円にはなるでしょうから。バカにはなりません。

Vクラスを処分したときも、もともと本体と諸費用をかんがえると600万円からの車です。新車でてその車を買ったのであれば、あまりにも惜しい話ですが、その時は約40万円で購入しましたが、仕事でガンガン使わせてもらって、それなりのお金は稼いでもらっているので、ありがたく処分させてもらいました。逆に手荒に使ってしまっていたので、相当ぶつけたり、中も壊してしまったところもあるので、売りたくても売りにくかったということもあります。もう少し丁寧に使っていれば、きっとまた販売していたことと思います。

そんな高いクルマを営業でぶつけなら使っても、そこまで気にならないのも、こんな車の購入の仕方が出来ていたからだと思っています。

このように、高くても40万円、安ければ20万円程度までで買えてしまう、これらの車ですから、逆に1年半くらい乗れたのであれば、ありがたく感謝して、故障があっても安く販売してしまいましょう。

話を元に戻しますが、とにかくきちんとメンテナンスをして、その上で販売することで必ず、メンテナンス以上のプラスが出ます。

きちんとメンテナンスしていれば、やはり購入したときと同じか、それ以上に高く売ることが出来る可能性も高いでしょう。

そして、さらに高く売るために、

4.車は安く買っても、その後のおつきあいはディーラーさんとするようにして、その車のことをある程度ディーラーさんに聞いておきましょう。

こうすることで、最終的に売る時に高く売ることが出来ます。

ディーラーさんときちんとお付き合いしておくことで、何かあるときにはそこのメーカーの代車を出してもらったりすることが出来ると、高級車の知識が増え、さらに次の乗り換えに役立ちます。

ジャガーのときは、販売店がローバーも一緒だったので、ちょっとした修理のときや車検の時など、ジャガーの様々な車に乗らせていただいたり、ローバーの代車も出してもらったりして、それらの車に実際に何日も乗って、ああ、この手の車はこんな感じなんだな、と試乗ができて、そのメーカーの車を知るのにすごく役立ちました。

また、この知識が、次に販売する時にも購入する時にも、いろいろと情報として役立つのです。

たとえば、代車として出してもらった、ジャガーのXタイプですが、これは僕にとっては、いい車とは感じられませんでした。

Sタイプと比べて、シートの作りもかなり悪く、車の上品な感じも無く、エンジンの回っている感じも気持ちよくありませんでした。

同じメーカーのものなのに、新車価格が150~200万円くらい違うと、これだけ違うんだ、ということを再認識させられましたし、そのことで、やはりレンジとしてはミドルクラス程度を狙うほうがやはり、全てにおいて良いのではないか、と思ったものです。

実は、ベンツのCクラスに乗っても、それを感じました。

一番下のクラスも、ベンツの場合は、道具として割り切って使うのであれば、ものすごく実用的な道具ですが、あくまでも実用的なのです。

乗り心地や雰囲気を求めるのならば、やはりEクラス以上だな、そこでも認識しました。

また、レンジローバー・イヴォークや、ジャガーのXF、XE等も代車で出してもらい、新しいクルマの良さ等も認識できました。

ということで、ぜひとも安く買っても、メンテナンスはきちんとディーラーを使ってみて、いいおつきあいをしてみて下さい。

必ず後々、役立つことでしょう。

Scroll Up